漢字中国語講座

--> 秋の中国語応援キャンペーン JCKアカデミー中国語教室 東京 新宿 渋谷 水道橋

@漢字による自然習得法

中国常用漢字は約2500字があり、日本の常用漢字も2136字があり、両方とも日常に使われる漢字の95%以上をカバーしています。中国語と日本語の常用漢字を比較すると、全く同じ漢字が約1683字で、部首簡体化された類似漢字が約400字あり、完全に簡体化された及び日本に使われていない漢字は約460字あります。 《漢字中国語》は日中共通の1863漢字を「共通漢字」、日本語と違う860漢字を中国「特有漢字」と名つけ、「共通漢字」を黒い色で表示し、発音と使い方が分かればよいことにします。「特有漢字」を赤い色で表示し、発音と使い方のほかに、日本語との対照及び意味の説明も添付しています。「常用漢字」の集中学習と「特有漢字」を重点学習するため、学習負担を減らし、学習効率が高めることができました。

A漢字発音の特徴

中国語漢字発音の特徴はすべて単音節発音の「短音発音」に構成されます。 また、中国語の漢字発音には「一字一音、一音一字」なので、発音の数と漢字の数は全く同じです。そのために、漢字発音の単位時間の文字数を測ることによって、漢字発音の一文字発音の音拍を測ることができます。 例えば、1分間に60文字を話す場合には1文字当たりは1音拍にすると、1分間に120文字を話す場合には1文字当たりの音拍は1/2音拍になり、1分間に240文字を話す場合には一文字当たりの音拍は1/4音拍になります。 中国人は普通の話し方では1分間に200〜240文字です。日本人も最初から漢字発音の方法を身に着けて、漢字読音の音拍を1/4音拍に達成した場合には、中国人と同じように話すことができるし、ヒヤリング能力も飛躍的に高めることができます。
→お申込みはこちら